Upgrade x205TA to lubuntu 15.04

概要

lubuntu 14.04載せてどうにかこうにか使っていたx205ta が、カーネルバージョン上げるとバッテリー残量表示されるとの記事を読んだのでlubuntu 15.04 にアップデートしました。

あとmicroSDカードリーダも認識できるとの内容があったので、それも試しました。

注意:この記事に沿った手順によって生じたあらゆる不都合・損害に対して、一切の責任はとれません。自己責任でおねがいします。

2015-04-26 追記 Linux kernel 4.0 の導入による内蔵Wifi の有効化 を実施して、より快適な環境となりました。

背景

asus x205ta にlubuntu 14.10 を入れた記事 の最後にパッチ当てた3.18 カーネルを入れた内容を書きましたが、輝度調整ができなくなった(一度バックライトオフになるとリブートするまで戻らない)のが辛くて、結局デフォルトのカーネルに戻していました。

久しぶりにx205ta 関連の記事読んでいたら、debian wiki にPower Management, microSD Card Reader が動作するとの内容があったので、チャレンジしてみました。

(内蔵Wifi も動かせるらしいのですが、いまのところ外付けで上手くいってるのでまだ挑戦していません。)

手順

バッテリー残量表示

With kernel >=3.19 battery status is available.

とあったので、lubuntu を15.04に上げることで対応しました。(まだベータ版で、4月下旬にファイナルリリースが予定されてるので、急ぎでない方はそちらのほうがいいかもしれません。)

1
$ sudo do-release-upgrade -d

で開発版の最新を入れました。パネルの設定から「バッテリモニタ」が選べるようになって、無事残量が表示されるようになりました!

microSDカード認識

Create a file /etc/modprobe.d/sdhci.conf with the following content: ‘options sdhci debug_quirks=0x8000’. Run ‘update-initramfs -u -k all’, reboot and the card reader should be working.

とあったので、言われたとおりに

1
2
3
4
5
6
$ sudo vi /etc/modprobe.d/sdhci.conf

options sdhci debug_quirks=0x8000

$ sudo update-initramfs -u -k all
$ sudo reboot

で認識されるようになりました。(最近大容量版が出たらしいですが、)32GBのカード挿して十分な容量確保出来ました!。

まとめ

また2つ、linux 載せたx205ta の弱点が解消されました。世界中のすーぱーはかーの皆さま、本当にありがとうございます。

次はぜひSound, bluetooth あたりをよろしくお願いいたします。