RFC 6347 (DTLS1.2)を和訳しました

業務にてRFC 6347 (DTLS1.2)を和訳したものがGitHubに公開されました。

aptpod/RFC

(ネタがないときのデフォルト画像はカヌレになりました)

データ解析系のバックグラウンドを見込まれて現職に着きましたが,いまは3割くらいの時間をプロトコル系の調査や実装にあてるような感じになってます。

その中で自分の勉強のためにまとめてた和訳について「せっかくだから公開しちゃえば?」とチームの方からいただき,(おそらくライセンス等も問題ないだろうこと確認して)GitHubにのっけることになりました。

(なかなか検索エンジンにインデックスされてる感がないので,こんなブログからでも多少なりとも被リンク稼いで早く日の目をみるといいなと思ってます)

来月にはテックカンファレンスでQUICの話をする予定もあり,前職からの流れも含めてもはや何系のエンジニアなのかどんどん説明が面倒な感じになってる気もしますが,ゆくゆくは「コンピュータサイエンスのすべての分野に精通」的な感じになるといいなと思いつつ,とりあえずは器用貧乏系エンジニアを楽しんでいこうと思います。